料理教室・パン教室・お菓子料理教室の検索なら、「ぱぱっと検索!クックタウン」


影

食のマナー

食におけるマナーとは、食事の作法を指します。といっても、特に難しく考える必要はなく、 要は当たり前のことを当たり前に心がければOK。マナーを守った食事は見た目にも美しいですし、 好感を持たれやすいもの。せめて外食の折には、少しだけ食のマナーを意識してみましょう。
「器と蓋の扱い」
和食は器を手に持って食べるのが基本スタイルです。 もちろん、大皿は持つ必要はありませんが、つい忘れがちな方も多いのでご注意ください。 あまり知られていませんが、片手に箸を持ったままもう一方の手で器を持つのはマナー違反。 まず両手で包むようにして持ち、それから片手にお箸を持つようにします。お椀に蓋がついている場合もしっかり両手を使います。 片手でふちを押さえ、もう一方の手で蓋を開けます。 その後、蓋からは雫がこぼれないように、ふちに立てかけて数秒待つようにします。蓋は裏返してから折敷(盆)の右側に置きます。
「きれいに食べ終えるために」
食べ終えた時にきれいな状態になっているかどうかも大切。料理は残さずに食べるのが理想ですが、食べ切れなかったものは器の隅に寄せておきます。お椀や蓋は元の位置に戻します。箸は箸おきに揃えて置いてください。
最近では日本人も西洋料理を食べる機会が増えてきました。 高級店以外では、それほどマナーを気にされる方もいないかもしれませんが、最低限ナイフやフォークの使い方くらいは心得ておきましょう。
「正しいナイフとフォークの使い方」
テーブルの上にナイフとフォークが複数置かれている場合は、外側から使うのが基本マナー。 料理によって細かく使い分ける必要はありません。 料理と一緒に新たなナイフ、フォークが置かれる場合もありますから、その際は新しいものに持ち替えてください。 持ち方は自分の持ちやすい形でOK。左手にフォーク、右手にナイフを持ちます。ステーキなど、最初に全て切り分けてから食べるのはNG。 必ず食べる分だけ切るようにしてください。フォークに刺した料理は、必ず一口で食べるようにします。食べやすいように少し小さめに切り分けるのがポイントです。
「身だしなみ」
高級なお店に行く場合は、その店の雰囲気に合った服装、身だしなみを心がけてみましょう。 いちいち考えるのが面倒なら、男性は基本のスーツ、ジャケット、スラックスのスタイルで。 女性は、ワンピースやスーツなら問題ありません。料理の風味を損なわないように、香水は控えめにするのがマナーです。
食事の基本マナーは、家庭でのしつけによって身につけるケースが大半です。 幼いうちに身につけていれば自然と正しい振る舞いができるのですが、成人してから覚えようとするとかなり大変。 お子さんがいるご家庭など、できるだけ早い時期に注意喚起を行っておきましょう。
「座り方・姿勢」
マナーの基本は座り方と姿勢にあります。背筋をまっすぐに伸ばして、正面を向いて座ることから心がけてみましょう。 テレビを見ながら食べることは必ずしもマナー違反とは言えませんが、姿勢が崩れやすいので注意が必要です。
「マナーのNG集」
日本の食卓では、肘をつかないこと、ごはんは粒を残さないことが繰り返し注意されます。 ご飯を残す場合は、粒を集めて隅に寄せから残すようにします。食べながら話すのはNGとよく言われますが、全くの無言で食べるのもマナー違反。 「口の中に物を入れたまま喋らない」という点に気をつけて、会話を楽しみながら食べましょう。 不快感を与えるため、人前では口の中を絶対に当たらないようにします。あらたまった席では楊枝も使わないのがマナーです。
「飲み物・スープについて」
口の中にある食べ物を飲み物や汁物で流し込むのはマナー違反。スープは音を立てて飲まないように気をつけてください。