料理教室・パン教室・お菓子料理教室の検索なら、「ぱぱっと検索!クックタウン」


影

ガスキッチンとIHどっちがいいの?「ガスキッチン」VS「IH」比較

「どっちがいいの?『基礎知識』」

ガスコンロとIHクッキングヒーターのイラスト

住宅を新築する際やキッチンをリフォームする際など、熱源につて悩む方が多いようです。
いま流行のIHクッキングヒーターがいいのか、従来どおりガスを選ぶべきか…それぞれに特徴がありますから、メリットやデメリットを把握したうえで選ぶようにしてください。

IHの特徴

IHクッキングヒーターは電力によって加熱します。正確に言うと、磁力線の働きにより鍋底自体を加熱する仕組みになっています。
磁力線は人体に無害。IHは火やガスを使わずに加熱できることから、安全性が高い点に特徴があります。
また、調理後にはプレートを拭くだけで手入れが可能なので、掃除が楽な点が利用者に喜ばれています。

ガスの特徴

ガスはご存知のとおり火を起こす(着火する)ことで加熱します。火災の原因になる可能性もありますから、特に小さいお子さんがいるご家庭では注意が必要です。危険性は低いとはいえ、ガス漏れによる事故のリスクも無視はできません。ただし、火を使うことにも利点はあって、例えば強火が適した料理(炒め物、中華料理など)は美味しく作ることができます。
また、ご高齢の方などやはり馴染み深いガスの方が使いやすいという意見が多く聞かれます。

「どっちがいいの?『IHのメリット・デメリット』」

IHクッキングヒーターは簡単清潔に掃除ができますが土鍋、アルミ、鍋など対応していませんというイラスト

「オール電化」の流行とともに、調理用の熱源をガスからIHに変えるご家庭が増えています。
では、IHにはどのような利点、さらには欠点があるのでしょうか。少し詳しく見てみましょう。

IHのメリット

まず挙げられるのが安全性の高さ。火を使わないので、火災の心配がありません。
お子さんのいる家庭には特におすすめできます。夏場など、調理する居室が暑くならない点にも特徴があります。構造がシンプルなのでお手入れも楽。
調理後に軽く拭き掃除をするだけで清潔に保つことができます。見た目にもすっきりしているので、デザインの点からIHを選ぶ方も少なくありません。
自動的に保温してくれる(温度を一定に保つ)機能を備えているので、調理が楽になるメニューも多いようです。

IHのデメリット

IHは調理器具(鍋やフライパンなどの金属)を発熱させることで加熱します。
そのため、使用できる器具の素材や大きさ、形には一定の制限があります(鉄やステンレス製、12~26センチ、底が平ら)。
規格に合わない調理器具を使用すると過熱にムラが生じるため、調理に支障が生じます。

「どっちがいいの?『ガスのメリット・デメリット』」

ガスコンロはいろんな調理器具が使えますが、火災などのリスクがありますというイラスト

IHが普及しているとはいえ、従来のガス器具にも利点がないわけではありません。
それぞれの長所・短所をよく把握したうえで選ぶようにしてください。

ガスのメリット

機種にもよりますが、ガスコンロの方が高温で調理できるものが多いといわれています。
中華料理、炒め物など、高温で調理した方が美味しく仕上がるので、ガスに適したメニューも少なくありません。
加熱できる調理器具であればどんなものでも使用できますし、フライパンなどはあおりながら加熱することもできます。肉眼で火加減を見ながら調理できますから、直感的で(特に高齢者には)使いやすいという意見も多く聞かれます。

ガスのデメリット

火を使用するので、安全性の面においてはどうしてもIHに劣ります。ガス器具は火災の主な要因として知られ、リスクは小さくありません。
揚げ物など、調理の方法によっては危険性がさらに高くなります。
調理することで室温が上昇するので、特に夏場は料理がわずらわしいという方が多いようです。
掃除をする際にはいちいち器具を取り外さなくてはならないので、手入れが面倒だということもデメリットの一つに数えられます。

「どっちがいいの?『コストは?高い?安い?』」

いざ調理器具を選ぶとなると、やはり気になるのがコストの問題です。果たしてガスとIHでは、どちらを選んだ方が経済的なのでしょうか。

購入時のコスト・価格

まず購入時の価格ですが、いずれも最新の設備を導入した場合、平均してガス器具のほうが10万円程度安価になるようです。
ただし、最近は安価なIHも市販されていますし、オール電化を選択すると一定の割引も受けることができます。
その点を考慮して比較すれば、必ずしもIHの方が高いとは限らないようです。

ランニングコスト(電気代とガス料金)

IHは電力によって加熱します。ですから、ランニングコストを考える際には、電気料金とガス料金で費用を比較する必要があります。
電気料金は使用する時間帯によって価格が変動するため(夜間・早朝は安い)、調理を行う時間帯によっては費用を安く抑えることができます。
ただし、利用する機会の多い朝~夕方にかけてはガスよりも電気料金の方が割高なので、IHの方がコストは高くなる傾向にあります。
購入時のコストなども考え合わせると、費用の面ではややガスの方に分があるといえるでしょう。

「どっちがいいの?『美味しくできるのは?』」

IHクッキングヒーターでは焦げ目を付ける、炙る、炒めることが出来ないがガスコンロより細かな温度調整が出来るというイラスト

IHとガスは発熱の仕組みが異なるため、料理に向き不向きがあるといわれています。
そこまで劇的に味に違いが出るわけではありませんが、味にこだわる方、趣味で料理をなさる方は次の点をよく確認しておきましょう。

IHにできないこと

IHは素材を均一に加熱する点に特徴があります。表面だけを焼く・炙るということができないので、焦げ目をつける料理、直火を使用する料理には不向きだといわれています。
また、使用できる調理器具が限られるので、例えば底の丸い中華鍋は熱が伝わりにくく、上手く調理することができません。
また、高温で調理することができないため、炒め物などは風味が落ちてしまうメニューが少なくないようです。
反面、加熱に要する時間は短いので、短時間で調理ができる点に利点があります。

IHで美味しい料理も

IHはガスよりも細かな調整ができる点に特徴があります。
10段階程度に熱量をコントロールできるものも多く、例えば煮物を作る際など、ワンタッチで任意の温度に加熱することができます。使用者の声としては、この他の料理についても、コツさえつかめばガスと遜色のない仕上がりになる、という意見が多いようです。
コンテンツ一覧に戻る